ありがとうございました

azusa yoda solo show
differennt dimention of reality
2/1(火)~2/28(月) @h;ve cafe

無事終了しました!!ありがとうございました☆
a0088334_975922.jpg
a0088334_991453.jpg
a0088334_992750.jpg
a0088334_994995.jpg

上から、展示中盤に設置したフラッグと山たち。いつもごはんを頂いていたソファ席の角の壁面。今回のメインのF80号と、F50号。柱に貼ったドローイングでドローイングの木(今思いついたw)、F12号と、F50号。です。

急なお知らせだったにも関わらず、思った以上にたくさんの方が足を運んで下さいました。
最後の日も雪がちらついたので、会期中3回も雪だったのですが、お足下の悪い中本当にありがとうございました。
お店の方々にもたくさん良くしていただきました。いつもおいしいご飯嬉しかったです。幸せ満載。
それから展示の話を持ってきてくれたスダちゃんに、改めて感謝します。

人の生活の一部である、「食べる」ことが営まれている場に作品を置けたことは、ギャラリーでする展示とはまた違う刺激になりました。
実はホワイトキューブという空間に勝てたことはないなぁと思うくらい、「絵のための空間」というものには甘えも出て、やりきった感をもてたことはなかったんだけれど、
今回は、物もあるし、人もいるし、絵を観に来るというよりご飯を食べにくる人たちに、どうやって作品を観せられるか?というところで逃げ道なしでした。
やり切れたことで、なんとなく今までと違う手ごたえみたいなものも感じています。
ギャラリー離れて1発目に、本当に良い機会を与えてもらえました。

因みに「different dimention of reality」は「別次元の現実」みたいな意味で、最近読んだ河合隼男せんせの本の中で、日本人にとっての神話について外国人記者と問答する時でてきました。
私の次元の現実を、皆様の次元で再認識していただけたらと思い、タイトルに使わせてもらいました。
[PR]
by yodaazu | 2011-03-02 09:51 | news


<< 第78回県展 在廊状況のお知らせ >>