カテゴリ:travel( 18 )

INNY#7

Mar23
NYの旅も佳境です。べ-グルは食したものの、ドーナツはダンキンドーナツのみ(でもおいしかったけど)!カップケーキも食しておらん!これじゃいかん!ってことで街歩きです。
unionSQ≫meatpackingdistrict≫greenwichvillage≫SOHO≫Lowermanhattan≫uptowneast 怒涛。
a0088334_22111896.jpg序盤はやっと友といっしょに行動する。
また例の最寄の地下鉄にて。
今度は防犯のため$6以上のお釣りが出てこないという事実に翻弄される。
昨日私を助けたオバチャンが今日は友を助ける。愛。

てことでgo!



unionSQからmeatpackingdistrict間にあるドーナツパブで念願のドーナツ!スプレーは紫だし。すごいな!
おいしかったけどダンキンとの違いを聞かれるとさっぱり。
こちらもその間で目撃したパトカーの行列。何が??↓
a0088334_21444436.jpga0088334_21452382.jpg









meatpackingdistrict界隈はさすが、オシャレなショップやギャラリできりがなかったす。旅ならではの早い行動により、その殆どがOPEN前。
a0088334_21523936.jpg歩を進めたらすぐ、greenwichvillage。
キャリーの家付近!?キャリーの家わからず。
後に前通っていたこと発覚。
マグノリアベーカリーで念願のカップケーキもげとー☆(ミーハ-)
これを大切に祖国に持ち帰りました。
大切に!って言ってる傍から、お昼食べる時カバン見たら箱が逆さまになっててびっくりしたんだー。
でも大丈夫だったけど。お、おいしかったよ!

↓昼は先週ジョニデもきたってピザ屋!おいしかった。。 ↓sohoのコワイイ(こわ可愛い)お店a0088334_21585894.jpga0088334_21591548.jpg
昼食まで自由行動したんですが、
この辺は道が斜めに入っていて、私は位置関係がよくわからなく・・・
あからさまなゲイのショップ(この辺ゲイで有名〈なんのこっちゃ〉)の通りを迷いまくる。
ようやくわかりかけたところで、杖ついたおばあさんが、
「May I help you?」(地図凝視してるけど?のジェスチャーつきw)
こっっちのセリフですよ!! あまりのできごとに涙で前が見えなくなる。一期一会ですね・・・。

その後無事ピザをがっつきました。

そしてfree。すぐ道がわからなくなる私を今度はお兄さんが助けてくれました。
ニューヨーカーは観光客に寛大なのか??すばらしいです。無事SOHOにたどり着く。
行きたかったのに調べそびれた「evolution」と言う店(写真㊨)をしらみつぶしに調べよう!と思った傍から、入った通路にありました。ラッキ。そしてすることなくなった。ユニクロとか入っちゃった。カッコよかったよ、NYのユニクロー!!そんでMOMAショップSOHO店。MOMA前のトコより観やすかった気が・・・(塩)

早々にSOHO切り上げ、あまりに手持ち無沙汰なんで女神に挨拶に。
a0088334_22223384.jpga0088334_22224724.jpgありがとう、女神・・・。

NYイイトコだね・・・。

遠いな女神。

・・・暇。





そんな私のためなのか?
a0088334_22265561.jpg
アメリカインディアン資料館降臨!!

女神の近くにいました。

マンハッタンでわざわざこれを観る・・・運命??

ここへ来て異常に私色が濃くなってしまった。
なんかすごく良かったです。


後は、思い出したようにアップタウンのチョコや(ラルフローレンの娘の店ってやつ)行って、お金使いすぎて、雨がひどくなってきて、ホテルへ退散して、おみやげベーグルを無理やりカードで買って、ご飯食べて寝ました!

やっとNY慣れてきたような気がしたのに、翌日はもう帰途に着くばかり。
飽きてきたとか言いつつ、帰るだけの日のことも書く気です。
[PR]
by yodaazu | 2010-04-07 22:40 | travel

INNY#6

あぁ、もうちょっとなのにNY熱も冷め、ちょっと書くのに飽きてきた。曇ってばかりの春のせい。
Mar22
この日は朝から友達とは別行動。出かけに1人、「鍵がない!鍵がない!」という恒例の儀式を終え、union Sqで曜日限定で行われるファーマーズマーケットへ。
生憎の天気                     ↓ここのジンジャーシロップクッキー、そーとーうまかった!!
a0088334_102556.jpga0088334_1042694.jpgあぁそうだ、ここへたどり着くのも一悶着あり・・・。

最寄の地下鉄ったら上りと下りのホーム繋がっていなくて、
下りたいのに上りのホームに入っちゃった私は驚いたわけです。一度改札出て、地上に戻って、改めて下りのホームに入ろうとしたら入れないわけですよ、あぁ動揺した。
スタッフのオバチャンに震えながら聞いたら「防犯上の理由のため同じ駅に2度入るには80分経たないとダメ」とのこと思わず「ohh~」と嘆息の私。
あんまり哀れだったのか改札開けてくれたんだけど、どこあけてくれたのかわからずうろうろ。
黒人男性の乗客がまたしても助けてくれました。めでたし。
ありがとうニューヨーカー、おかげでファーマーズマーケットを楽しむことができました。
この時点で、NYだろうと日本だろうとお馬鹿は変わらないなぁ、と身にしみた(おそい)。

気を取り直して(!?)楽しみにしていた自然史博物館へ向かう。
地下鉄の駅も可愛い↓
a0088334_10221981.jpga0088334_10251744.jpg









何をしていたんだか知らないが、メインエントランスは閉じておった。警官びっしり。ローズ宇宙センターから入る。
造りがわからずボニャボニャ歩いていたら突然の通行規制!?えー?さっきの警官びっしりもこれ?
仕方なくショップのほうから回ろうとしたらそっちでも止められ、思わず日本語で
「え~!?さっきそっちでも止められちゃったんだけど・・・」
とつぶやいたら、通じたのか迂回路を教えてくれた。
a0088334_10323913.jpg
a0088334_10325615.jpg











a0088334_10333055.jpga0088334_10335351.jpgそれからは通行規制も解除され、楽しくいろいろ観ることができました。

心残りは、自分の購入した安券じゃ、
プラネタリウムを見ることができなかったということ。
・・・とんだミステイク。

悔しいから日本で見ます。


ミュージアムを堪能した後、雨だけどどーしてもセントラルパークを堪能したくなる。
すごく、人気がない。怖い。
a0088334_10405594.jpg中国人と思しき観光客メンズに混じって入る。
そしたら眼前に巨大な岩がそびえていたので楽しくなり、中国人メンズも我も忘れて登ってしまう。

登りきったら、雨なのに、そこで寝てるおじさんが・・・。
・・・怖い・・・
引きつった顔で記念写真を自分撮りし、早々に退散しました。

a0088334_10473845.jpg

夜はまたunionSQまで足を伸ばし、
columbus circle店より見やすいような気がしたWHOLEWOODSでご飯を買い、
またベーグル屋さんにも行っておっちゃんに惚れ直し、
ホテルの屋上から夜景堪能して、
お腹いっぱいになって寝ました。

全然夜遊びしない。
[PR]
by yodaazu | 2010-04-06 10:53 | travel

INNY#5

Mar21  つづき
MOMAでてとりあえず5Ave.を歩いてみる。
a0088334_1019257.jpga0088334_10221211.jpg図書館とかGrand Central Stationとか、本当にハリー・ポッターみたいで素敵でした。
ここを普通に利用してるんだもんな。スゴイ。
MOMAの作品は写真撮れるのに(ダメなのはダメだったけど)、
図書館内部の写真撮影ダメって基準はなんなのだろうか。不思議。

a0088334_10223347.jpga0088334_10224525.jpg









待ち合わせ場所に向かおうと、初、一人地下鉄。ドチドチ。
LONDONでも思ったけど、東京の地下鉄乗れれば大丈夫!線の複雑さは世界一なんじゃなかろうかトキオ・・・。
しかし東京ではありえないこと(?)だけど、世界では休日とか急に運休のヤツラがいんですヨ。
LONDONでもそれで迷子になったよ!
そんで今回もソレだよ!!
降りたいところ通過されちゃったけど、今の何?「休日はexpress only☆」おぉう、でたー。
そうして降りたここはどこ??
LONDONの時と違って地図を持っているので落ち着いて、最寄の違う線の駅まで歩く。怖いトコじゃなくて良かった!
しかし、さらに・・・乗ろうとした地下鉄の行き先表示が違う。おおぅストレスストレス!
恐る恐る乗客のおねぇさんに尋ねて「大丈夫」って言われてやっと安堵。
a0088334_1043219.jpga0088334_10431584.jpg









アーやっと着いたよ。馬いるし~~。
その後同じく地下鉄に翻弄された友とも無事合流でき、夕飯買うためWHOLE WOODへ。
a0088334_10451526.jpg
来たかったんだーWHOLE WOOD。並び方とかもすごい可愛かった㊧
レジのシステムが大変な感じで、そこでも現地人に助けていただいた。ありがとうニューヨーカー!

帰りも変になってる地下鉄に翻弄されながら帰りました。そこでもありがとう、ニューヨーカー!
[PR]
by yodaazu | 2010-04-03 10:48 | travel

INNY#4

世の中はパワースポットブームですが、NYのManhattanはあの半島自体にエネルギーがあるとかないとか。活気がすごかったのは確か。てことでその半島に戻ります。
Mar21
Providence≫PENsta.≫ホテル≫MOMA≫5Ave.≫NY市立図書館≫GCT≫ColumbusCircle
a0088334_2181298.jpga0088334_2183062.jpg









早朝またAmtracで3h。がっつりガイドブック読んでいたら、白人男性に声をかけられる。
日本が大好きなのだそうです。福岡に留学していたのだそうです。今度は英語のセンセとして来日するそうです。Mちゃんといい、日本好きな外国人、いるもんだねぇ。幸あれ。
ホテルの部屋からの眺望↓a0088334_21221326.jpg
ただいま、マンハッタン☆

今度はトランクもって地下鉄で帰ってきました。
ちょっとはタフになったかしら?
午後から別行動をとることになり、
私は足早にMOMAへ。
日曜のオフィス街は閑散としていてちょっと怖かったけど、MOMAは大盛況。
そりゃそーだよね。

a0088334_2127586.jpga0088334_21281318.jpg









所蔵されてる名作たちも思った以上にたっぷりで、やっぱり本物のもつ力ってすごいなー、物質感とか印刷物とこうも違うものか、と。かなーりじっくり楽しめました。
尚びっくりしたのは、昨年越後で「夢の家」を観てガタブルしちゃったんですが、そのマリーナ・アブラモヴィッチ(だっけ?)の回顧展。運命感じちゃいました。よりよってこの時これてよかった。
話に聞いて相当ショッキングだった万里の長城のインスタレーション(長城のあっちから彼、こっちからマリーナが4日くらいかけて歩いて、真ん中で出会ってそれ以後二度と会わないってやつ)も映像が観れて、泣きそうになってしまった。
展示の場で生身の人たちがインスタレーションしてるっていうのは日本ではまだあんまりない(よね?)し、こんなに一斉にいろんなとこでやってるのを観るのは私も初めてでドキドキしました。
しかもマリーナ本人もやってた(写真㊨)。
すっげー、会期中毎日やる様です。壁に日数分線が書いてあって、終わった分塗りつぶされてた。じゅ、呪術的ー。
しかも相手はお客さん。数十分交代で・・・おおう。私はやんなかったけど。もったいなかった?

その横では、これまた前なんかで観ていいなーと思ったウィリアム・ケントリッジの展示が、これまた大盛りで・・・。
この時点で相当な量観てますが、全然疲れません。
映像はリラックスして観られる環境でもあったし、どれもすっごく刺激的。

トドメはティム・バートンでした。ティム・バートンも回顧展。何このメンツ。
あぁあぁかわいかった!!なにこれもー!シザーハンズの衣装とかもあるしーー!
急にさっきまでとは違うスイッチが入ったと思われるんだけど、まぁいいか。
しかし、ここが一番込み合っていました。すすめねぇ!

もう一回コンテンポラリー辺観てとりあえずMOMAend。

あぁ、お腹いっぱい、なんて盛りだくさんなの、これがNYなのね、ブツブツ。           続く
[PR]
by yodaazu | 2010-04-01 22:07 | travel

INBOSTON!?

Mar20
Providence≫Boston≫Providence
NY(manhattann)から電車で3hって言いましたよねProvidence。もはやBostonの方が近いっつー。
Providenceのシンボル?発電所。Rちゃんちの目の前の景色↓a0088334_1055847.jpg
ていうことで、
3日目はボストンまで足をのばしてみることになりました。なんとバスで1時間。
バスまで時間が結構あったので、モールで時間を潰してたら・・・
気づいたら出発時刻の1分前ですた。
何年かぶりの猛ダッシュでなんとか間に合ったよ。
んーまさかのonTIME。油断してたヨ。

けども何とか着いたよーん、ボストン!
a0088334_10275049.jpgちゅ☆a0088334_10295114.jpg
前勉強が全然できとらんので、とりあえずハーバードへ向かいました。

ハーバードってボストンにあったんだー(vaca)


㊧大学前の人気(らしい)バーガー屋さんで(奥)DICE-K(ダイスケ松坂)バーガー(前)OBAMAバーガー、美味かったス。肉ぎっしり。
 ㊥大学の門の前で恥ずかしげもなく。 ㊨なんだかみんながやっていたのでやってみた。後日これで頭がよくなることが発覚

a0088334_1038137.jpga0088334_10382850.jpga0088334_1039833.jpg












ボストンの色々
a0088334_1055276.jpga0088334_1056026.jpg









a0088334_105799.jpga0088334_10574121.jpg









a0088334_10581320.jpg土曜なので人いっぱい。

帰りにProvidenceにいるRちゃんに電話入れる約束していたけど繋がらず。番号が1つ足りないことが発覚。夜バスで帰り着いたはいいけど、さーどうやって会おうか?
とりあえずガッコ行って、通りがかりの学生さんに無理行ってpassで扉開けてもらって、
前日出逢ったゲイのメンズを発見したのでRちゃんに連絡してもらいました。
さらっと書いたけど結構な努力がいったんだよ(主に会話は友達がやったけど)!
ゲイのお兄さん「R!友達泣いてる!急いで!走って!!(英語)」と言ってくれて、泣いてないけど助かった。a0088334_11103348.jpg

その後無事
Rちゃんと、
6年間日本に滞在していて日本語堪能なMちゃんと会え、
Providence最後の晩餐を楽しむことができました。

                       いろいろありがとーー!
[PR]
by yodaazu | 2010-04-01 11:16 | travel

INNY#3

Mar19
PROVIDENCE Road Island School of Design
chocolate pancake☆a0088334_21552315.jpg
Rちゃんちの近くのおいしいパンケーキのお店で朝食。贅沢っす。3枚のトコ2枚に減らしてもらったけど充分。イメージよりか全然優しい味でした。

ざっくりいろいろ説明してもらいながらダウンタウンまで連れてきてもらって昼まで解散。
友は町探索へ、私はRちゃんのガッコの図書館に入れてもらったのでワクワク観て回ってたら、アッつー間に待ち合わせの時間になってしました。充実の品揃えでした。
↓学校内かわいいa0088334_2225184.jpga0088334_2223348.jpg










午後からRちゃんがTAをしている授業の聴講をさせてもらいました。
NY観光はいつでもできるけど、これは無いよ、と思ったから決めた今回のNY旅。本当に楽しみにしてました。
ガラスとか建築とか、いろんな人のとってるクラスで、内容は視覚tricだったかな。。それに即した?アイディアで制作したものの中間講評聴かせてもらいました。
ディスカッションが主。6時間怒涛の英会話。・・・作品があるからなんとなくわかるような感じでした。
自分の大学の時と似た雰囲気でとっても楽しかった。けど最後の方はもう音声(英語)が右から左へって感じでしたけどね。こんなに英語聞いたことねぇ。

夜ご飯はタコスの常識を超えたBIGなタコスを食させて頂きました(画像なし食べるのに必死)

日本と違って授業後にopenstudioがあります。open18:00-23:00だった!オトナが多い~
オープンキャンパス以上芸術祭未満と言う感じ。
a0088334_2240153.jpga0088334_2240369.jpg









↑Rちゃんの展示ガラスを踏むインスタレーション(彼女の専攻はガラス)思ったより危険じゃない。
PAINTINGとかもたくさん観れて楽しかったー。ここでも自分のガッコ思い出す。学生のノリは万国共通?因みに昨日から、こんなに外人と挨拶かわしたこと無ぇす。てほどかわす。
すれ違った女子に「写真撮らせて」と言われる(!)サイトを教えてくれたんで観てみたら載せてくれてたやーん↓
RISD Streetwalkers: A unique species of human: grad student
だけど、ユニーク・・・ひゅーまん・・・?

11時なんてあーっというま。昨日のギャラリにて打ち上げパーリー?
a0088334_2250466.jpga0088334_22501858.jpg混ざって楽しく躍らせていただきました。
変な日本人と思われたことだろう。

偶然遊びに来ていた日本人の子がいて、いろいろ話したんだけど・・・
英語で話されても、日本語で話されても、
私には人の話していることがわからないんだということが発覚しました。8割わからなかった。

多分頭が2つの言語に翻弄されていたからと後日分析する。

後はたくさんのゲイに出会いました。ゲイの雰囲気も万国共通だネ☆
[PR]
by yodaazu | 2010-03-31 22:56 | travel

INNY#2

モスクワの地下鉄テロでNYも厳戒態勢とか。そうじゃなくても警官の方はそこらじゅうにいたけど、今ごろどーなってんでしょうか。

Mar18   つづき
a0088334_952685.jpga0088334_973996.jpg電車の旅。
世界の車窓から♪








ホテル近くのエッサベーゴーでベーグル買って、一度ホテルに戻って、トランクもってPENsta.に向かう。
taxiを止めるべく挑む。お客さん乗ってても「どこまで~?」って聞いてくれたり、NYyellowcab!思った以上に優しいじゃないかっ(それには乗れなかったけどネ!)!
その後、ちょうどお客さんが降りたtaxiを捕まえることができました。笑顔がステキなアラブな方でした。運ちゃん。

Amtracつー電車に乗って、友達の友達がいるProvidence(州都らしいよ!)に向かいます。発券機のハイテク具合とかに驚きつつ、乗り場聞きつつ、ベーゴー食べつつ待ちます。ベーゴーめっちゃうま!!でか!そして店のおっちゃんS優しすぎ!!もうManhattanに心酔しっきりなのに発ちます。

電車で3h。みうらじゅんで決め込む。

混んでて友達とは別の席探す。隣はビジネスマンなオッちゃん。車掌さんに何か言われた時フォローしてくれたので心から愛した(単純)。

a0088334_9211947.jpg18時ごろProvidence着。
友達の友達のRちゃんお出迎え後、速攻彼女のガッコへ。
←はテキスタイル科の学内展。

ちょうどいろんなOPENINGの日だったようで、その後は彼女のグループ展のやってるギャラリに移動。
たくさんの外人とたくさんの自己紹介
時差と移動と英語でシャットダウン寸前。

a0088334_9434164.jpga0088334_944910.jpg←ギャラリでパフォーマンス中


Rちゃんの部屋屋根裏ー。かわいい。→



翌朝すっきりした時、Rちゃんに「昨日と顔が違う」と言われたくらい、よっく寝かしてもらいました。
[PR]
by yodaazu | 2010-03-31 09:33 | travel

INNY

帰ってきてからあたたかい日が1日たりとも無いんだが・・・日本・・・。あったまくる。
NYの方があたたかかったょ。
あぁ楽しかった、思い出しながらちんたらUPしよと思います。

Mar17a0088334_17363263.jpga0088334_1737925.jpg










夕刻6時なのに明るい大陸に上陸しました。ちょっと明るかったので心細さは軽減されました。飛行機から見えたマンハッタンを激写したつもりだが、もやがかかってて画像には全く表れないでやんの。
心配されていた空港→ホテルの足だけど、SuperShattleカタコト予約してぼんわり待っていたら危うく置いていかれるとこでした。人々の愛で何とかなった。自分はラッキーガールだと思いました(小さい)。黒人の方の英語は歌っているようだ。
マンハッタンに入った瞬間の人の増え方にびっくりわくわく。ちょうどSt.patrick fes.の日。アーイリッシュ!緑の狂気の中ホテルで待ってる友人に無事会えて後は余生。
Mar18
ホテル≫TimesSqare≫Chelsea≫PENsta.≫Providence
a0088334_17583436.jpga0088334_17585959.jpgNYお上りの私に 2日前NY着の友がNYを叩き込むため、とりあえず歩いてTimesSQまで(近かったので)。
㊧「109だっ!(ちがう!)」

そして地下鉄にトライ。
㊨弾いてる弾いてる!常にどこかに音楽が(激うま)
「NYの地下鉄に乗っている」ってだけで信じられん。
そしてChelsea
a0088334_181068.jpga0088334_18103415.jpg









a0088334_18122532.jpga0088334_18123865.jpg









ホテルのあるmidtownの辺りともまた全然違うー。初日なのにChelseaMarketで買いすぎ、肩もげそうになりながらのギャラリめぐりとなりました。
次から次へと気になるギャラリがあるんであまり落ち着いて観られなかったけど、本当に精神によかったす。
窓の埃もキャンバスになっちゃう↓落書きも可愛いa0088334_1843342.jpg
a0088334_18433222.jpg

                                                              

 続く
[PR]
by yodaazu | 2010-03-30 18:50 | travel

GOGO☆越後妻有

*実は、瀬戸内海旅最終日の淡路島では観光もせず、生後3ヶ月の姪とだらだら過ごしただけなんで書くこと特になしってことで。改めて、もてなしてくれた母のご友人夫妻&妹には心から感謝の意を表します。こんな長期で有意義な国内旅行なんて初でしたー!ありがとうーー!*

てことで8月は、大学時代の友人と越後妻有アートトリエンナーレへ行ってきただす。
a0088334_9363693.jpga0088334_9385170.jpga0088334_939464.jpg









a0088334_9405681.jpga0088334_9451193.jpga0088334_9464649.jpg










a0088334_9474530.jpga0088334_9505339.jpga0088334_9511761.jpg










a0088334_9564762.jpga0088334_9584926.jpga0088334_9594478.jpg









a0088334_1005732.jpga0088334_10132930.jpg
本当、どこに行ってもなんもしないみそっかすっていますけど、それ、私で。

誘ってくれた友人達に感謝してます。徳の高い人たちです。


1泊2日で台風かすりつつも、思った以上にがっつりアート鑑賞しました。
こういう類はやはし、美術館で観るよりアドベンチャー感があって楽しいですね。
そして魚沼産こしひかりと!知らなかったけど有名な蕎麦と!田舎ならではの基本的に量多めの食事と!自分の作品の今後の在り方と?
いろいろもてあましつつも旅を満喫できました。

草むらで油断してブヨに何箇所も刺されたんだけど、痒いです。痛いです。治りません(因みに人生初ブヨ)。皆様も野外で鑑賞の際はご注意お。
[PR]
by yodaazu | 2009-08-21 10:11 | travel

瀬戸内海旅 四

復活旅日記。3日目はまたまた海を渡り、岡山と香川の間にある直島へ。
a0088334_1826816.jpg
前に訪れたのは大学のゼミ旅行で。
もう3年も前の話になるとは・・・。

←その時心を掴まれた景色はそのままでした~~☆
奥に見える島が大好きで、3年前も帰ってきてからドローイングにもたくさん登場させたヤツでした。
今回聞いたら名前は大槌島というそうで、鬼が島のモデル??瀬戸内海の島々の景色は本当に幻想的でいいなぁ。


私があんまり楽しく感想言うもんで、母きっての希望で今回の旅に組み込まれた直島だけど、
私にとっては広島からかなり遠いんでムリでねーの?と思っていました。
しかしご友人のだんな様が岡山の方ということで土地勘もあり、ちゃーんと実行できちゃいました!
なんて有り難いことでしょう。


3年の間には新しい作品も増えていて、私も再度楽しめました♪♪
a0088334_18372723.jpg家プロジェクト、
大竹伸朗の「はいしゃ」でご満悦な我が母とご友人→
過去の記憶で案内できて、母も喜んでくれたんで良かった。

a0088334_18435626.jpg
















↑ご予約以外お断り状態だったベネッセのテラスレストランでランチ!!だんな様が予約してくれたのです。こんなことは大人と行く旅ならではです。小豆島のオリーヴサイダーとやらは色も美しければ味も繊細で素晴らしかったです。どこに売ってるのだらう??
家プロジェクト→地中美術館→ベネッセミュージアムと、かなりかつかつ巡ったけれどなんだかタイミングもよく、無理なくいけました。

私的には3年前、時間が足らずに行けなかったベネッセミュージアムにて、大っ好きなリチャードロングの作品を観れたことが、も・最高ーーー☆でした。

ベネッセミュージアム行く途中には「リ・ウファンプロジェクト」なるものも旗揚げされていたのを目撃。どこまで行く?直島!!

以前はなーんにもなかったフェリー乗り場もすっかり整備されていて、かなり投資されているなぁという感じでしたが、帰りのフェリーからは島の反対側のゴミ処理施設がしっかり見えました。
この整備はゴミ処理施設誘致の交換条件みたいだった話も聞いて、やっぱりアートにお金が投じられる裏にはいろいろあるのが今の社会(昔から?)なのだな、といったお勉強もできました。

横浜の赤線だった黄金町界隈の黄金町バザールもそうだけど、地区にとってイメージをアップさせたいところにアート関係の施設をおっ建てるのは、キレイな街づくりの常套手段とその昔習ったし。(そういうところに「雰囲気ある!」とかいってオシャレッ子達が湧いてくると、実際本当に雰囲気ある(?)人たちは居心地悪くなって自然といなくなっていってしまうそうだよ。)
何十年後とかに今のアートを取り巻くいろいろがみえてきたらどんなことを思うのかなぁ。そしてこの取り巻くいろいろはどこまで行くのかなぁ。
それでも作品を作る人の端くれとして、利用されてもされなくても、その時自分が正しいと思うことに声を上げなくては、と思う次第でございました。
[PR]
by yodaazu | 2009-08-08 19:13 | travel