カテゴリ:daily/scraps( 74 )

2010 AtoZ

やりまーす。
AZUSA 27になりました。
Bicycle 練習。生まれて初めてちょっと乗れたw
Chikuchiku 母が30年前大量に買いためた布や祖母が草木染めした生糸や毛糸でDIY三昧。
Drawing 今年は前半がっつり後半失速の360枚くらい…?
Exhibition なんと初森美、初ワタリウムしました。too lazy~…。
Fuji Rock 今年下半期頑張れたのはこのおかげ…!トムー!
Gran'pa 湯河原、日光、熱川へ一緒に行きました。大事なおじいちゃんです。
Hakkou 妹が発酵食品に目覚めた恩恵にあずかる。甘酒は奇跡の食材だと思う。とても優しい。
India インドカレー率の非常に高い夏でした。
Jyu-So- お風呂に重曹で温泉ごっこ。すごく温まる。湯船もキレーになる。
Kyoto 去年に引き続き冬の京都を堪能。まだ観たいところがある。すげーな京都。
Library 下半期は4年ぶりの図書館通い。ネットで超便利になっていて驚いたー。
Mei 1才8ヶ月☆微妙に発する日本語的なものが可愛いさかり◎
N.Y 急にN.Yへ行ったのでした。刺激的だったー。それからしばらく英語を頑張ったけど、今は…。
Obento 外で食べるのはなぜにあんなに美味しいのでしょう?父のフェザーストーヴも復活した今年。
Peinting 去年から油彩が復活してます。奥が深いです。
Quartz パワーストーンとかは別に、だけど。母がフリマででっかい水晶を安く買ってきた!ニセ物?だとしてもきれいだからいいんだー。
Reading 今年は現時点で93冊に留まってしまった。もっと読もうと思っていたんです。後2日で増えるか?
Socks 相変わらず厚手の靴下にメロメロ。シルクの重ね履きもはじめてみた。いい。あとついに自分で編んでみました。
Trecking 近場の低山にぽつぽつと。こんなに気持ち良いものだとは思っていなかった。ギアに散在。
Umi 泳いでないけど。よく遊びに行ったと思う。お散歩するだけでも元気をくれる。偉大(当たり前だ!)。
Vegy 野菜中心生活を心掛けてみるも…ここんとこ野菜不足だなー!
Wash 洗うの大好き。トイレ、シンク、洗面台、風呂!繊細な洗濯物の手洗いも。重曹×酢の力はすごい。
Xerophyte 多肉植物熱再燃。私のかわいいオアシスたち。
Yoga 習ってみちゃいました。背筋が伸びたって評判☆寒くなってからは全然やってないw
Zambalan 憧れの登山靴。父の27cmのがずっと置いてあって、重ね履きで大足になった今年、ついに履いて出かけてみた!けどやっぱでかいや!

以上です。なんとか出るもんですね。
良いお年を~☆☆☆
[PR]
by yodaazu | 2010-12-30 14:16 | daily/scraps

かっこわるい話

a0088334_9322551.jpg
先月TARO賞から通知が来て、結果は落選だったんだけど、そこに
<特記>あなたの作品は審査員から評価を得ています。今回は落選でした。次回頑張って下さい。
的なことが書いてありました。
わー、落選なんだけど!なんだこれ、嬉しい・・・w
例え数十人、数百人にその言葉が書かれていたとしても嬉しいw落選の人にその言葉をつけてくれるなんて偉いなTARO賞。
おかげでこのままやめるわけにはいけない絶妙な落ちっぷりとなってしまった。
だけど今の私の力にばっちりはまった落ち方だったと思う。頑張る以外の道が残されておりません。

写真は提出した展示のイメージドローイング・・・これだからなぁ・・・。
[PR]
by yodaazu | 2010-12-28 09:42 | daily/scraps

送り出すこと

you F80 2010/8
a0088334_759146.jpg

最近、作品を送り出すことは、剥き出しの心臓をまるごと外の世界に向かって差し出すような感覚だったなぁ。ということを思い出した。
それは敏感に、いいこともわるいことも感じるけれど、そのどれも自分を包んでる自己愛という固い殻を壊すのに役立つ。
結局いつだって本質は傷つかない。傷つくのはエゴだけ。
その感覚がぬるくなっていたんだな、私よ。

********************

さて、この度、大学卒業後主に活動させて頂いていたギャラリー、unseal contemporary artを離れることになりました。ひとまずフリーです。
unsealには色々とお世話になり、勉強させて頂きました。
ただ、今の状態でお世話になりつづけるより、一度離れて自分の力を一から見直すことが、自分にとっては良かろうと判断し、わがままなお願いを通させて頂きました。
最後まで温かな態度と励ましの言葉をありがとうございました。

制作は、今まで以上に続けようと思っています。(そうでなければ離れた意味もありませんから)
感覚を鋭く保って、一つ一つ、今まで通り過ぎてきた自分自身を掬い上げながら取り組んで行きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by yodaazu | 2010-09-17 08:24 | daily/scraps

FRF10#2

後は見た順にざっくりと!

一発目 怒髪天
すっごくすっごく楽しくてさ、MCもおもしろくって上がってたのに、短かったんだよぉーーーー!!
日本人相手にone moreーー!!って叫んじゃうよ。。
けれど、大人はサイコー!ってコトが染み入ったです。青春続行です(涙)。


ブッチャーズ
携帯見つかったんだろうか。心配。
元ナンバーガールの女性ギタリスト萌えでした。かっくゆい!


KULA SHAKER
何やら呪文を唱え、それを客にも唱えろ、と強要。その呪文が今日までよく頭を回ってしまってこわい。
いや、超良い男だったんですがw


Jamie Cullum
終わったと思いきや終わらないっていうのを数度繰り返し、アンコールしてないのに自分でアンコールしちゃってたwピアノ素敵。
日本語を多用!イチ、ニー、サン、シッって。トム・ヨークもイチ、ニー、サン、シーだった!なのにアジカンはワン、ツー、スリー、フォー…どうなってんねんw


ザ・クロマニヨンズ
楽しかったー。なんか観客含めて仲良しな感じだった。幸せです。


mountain mocha kilimanjaro
funk!名前がステキで行ってみたらカッコよし&楽しでしたー。hevenで踊るのたのしい。
埼玉が世界に誇るバンドだそうですwいいなぁ同郷の人w!


Donavon Frankenreiter
客にマイクをあげちゃって!歌わせちゃって!締めを素人に丸投げなんてスゴイネ!
前のほうの人たち、ちゃんと歌えてスゴイネ・・・。歌えない人いるんじゃ、ってヒヤヒヤしたよ。歌える人しか前に行っちゃいけないって、なんか教訓になったよ。私に来たら泣いてうろたえてマイク投げちゃうw


vampire weekend
なんかやさしくてハッピーだったんすけど、ちょっと疲れが出現して眠りに落ちてしまったんです。。あのーすっごい心地よいBGMでした。フジならではの贅沢??ってかごめんなさい。


ブンブン
踊りまくりました、かっくいいー。初めてのフジで観た時も雨だったけど、今回も雨がちらつく中。ケド雨背負うのがえらく似合う御二方。あっというまだったなー。


moe.
3時間ひたすらの超絶演奏。プログレッシヴー。イエスみたい(ちがう??)。全部は観てないけど渋おっさんたちすごいす。全然MCなしだもん。楽しく躍らせていただきました。


ベルセバ
ちょ、あまりのハッピーソングスフォーはっぴーぴーぽー具合にちょっとブルーにwww


マッシヴ
Tシャツの段階でものっすっごい怖くてヒヤヒヤしたけど、はっぴーぴーぽーの後聞いたらちょっと安心してしまった、カッコいいw私てばつい、表現にネガの要素を求めてしまうのですね。よくわかった。でも人生には必要なスパイスだって思う!!


シザーシスターズ
さっきまで、やっぱネガがーん、とか言ってたんれすけど、もう超飛んじゃった☆
活動限界来てたんですけど、もー暴走初号機??雨でもめっちゃ元気なんですけどー。とぅんげいまわっちゃった☆☆
ありがとう、超クールだった!!背中セクシーだった!
4年前は観れなかったんだけど、その時のバイト先でめっちゃ流れてたから懐かしかった。トリップン。


一度帰ってからセカンドトライしよーと思ってたんですが、雨ひどいし辞めました。シザーシスターズで上がりです。おうちでお酒を頂きながら「トムかっきいー!」「トムかっきいー!」って言いながら寝ました。
翌朝は昼に起きた。。

あー、サンディーとか不思議そうですごく観たかったんですけどー、トムとかぶってちゃ仕方ないけど残念。。
後、3度目にして初めて夜の木道体験。ロマンチックーでした。もう大人だから余裕を持ててるってコトなのね。hevenの方夜はもっとコワイトコかとw思ってた学生時代。夜こそステキなトコでした☆

今年はカズコさんのおかげで椅子とかでくつろげるステキ陣地の設営までできて快適でした。(待ち時間のチビイスの重要性には気付かせられたが)

ふ。初めていったフジではマーズヴォルタ観たい一心で、宿も帰りの切符もなく片道の夜行バスだけでガムシャラに参加したんだったなぁ。雨具もなく、雨の最前でケチョンケチョンになりながらありったけの愛を叫んだのでした。当然駅で凍えながら寝る事に。。なんてyouth!!

今や帰りに温泉寄っちゃったりして、すごいや。大人サイコーだぜ。

カズコさまとミワさまスペサルサンクスです!
[PR]
by yodaazu | 2010-08-04 20:56 | daily/scraps

FRF10

4年ぶり(!)3度目の参加。
もはや濡れた衣服も乾き、トム・ヨーク観たさに気張ったわき腹の痛みも消えましたが、じんわり残るこの幸福感。スゴイー。
やっぱりあの場は素晴らしいです。雨ふっても。むしろ降らなきゃ!

あまりの興奮に携帯の充電器もカメラも忘れちゃったおバカ。写真1つもないです、許して。。許してね、未来の私!

今回は2日目3日目のみの参加だったけど、両方夕刻から雨。3日目がひどかった事を考えると、完全にウレ○ョンだね、とさかもさんと語りました。我慢できなかったのね、許すわ(ここぞとばかりに新調したゴアテを着込む)。


7/31→怒髪天/ブッチャーズ/Vato Negro/Kula Shaker/Jamiw Cullum/クロマニヨンズ/one day as a lion/mg mt

8/1→ねぼう。ちらっとアジカン/mountain mocha kilimanjaro/Donavon Frankenreiter/Vampire Weekend/ブンブン/アトモス/moe./ベルセバ/マッシヴ/シザーシスターズ☆


何から言えばいいの??とわななく。。

でも心はがっつりトムです。素敵過ぎたー。4年前イレイザーをヘヴィロテしてた私に教えてやりたい!!
それこそあの時は、まだ人がいない時代のような、もしくは人がいなくなってしまった後の、名前もわからない、境界線すら持たない、もしかしたら「神さま」と呼ばれるような生き物が、平気で歩いていた時代の印象を与えてくれた音だったけれど、
今回、生の音として体験できたそれは、もっと人間臭くて、人の愚かさも素晴らしさも、全てひっくるめたような生命の躍動のようなものを、与えてくれた気がした。
(自分の絵のことを、そう評してくれた人がいたから、そういう気持になっていただけかもわからないけれど、きっと全部の流れとしてそうなんだろうとも思う。そりゃあ大小の違いはあるけど〈涙〉!)
だから、4年経ってこの音っていうことが嬉しかった。

トムがピアノでVideotapeを弾き語ったとき、もーー、なんて自由で!!!なんて不自由な人なんだろう!?と思えてしまって、目から水が・・・
・・・わからない、何の感情もなくただ、目から水だったかもしれない。

とにかくホント、同じ時代に生きられて、ただただ幸せです。

ていうか、フリーとかもいたのに…。いや、フリーとかいなきゃ、ああいう音にはなってなかったと思うのです、そっちのけにしてごめんなさい。好きだよ!

あ、照明はやっぱりLEDでしたwそして、ものすごい素敵なヘアバンド巻いてた…トムがカッコいいからってマネるなキケン!!あひゃあひゃ笑ったり、不思議な日本語を展開したり、飽きる事ないよ!飽きる気もないが。

んーー。ものっすごい個人的な感想。玄人みたいなことはよくわかってないんで悪しからず。


それと、オマーがゲストのVATO NEGROさん
ゲストって、そんな全面に出ちゃうもん??オマーうたっとるし(wasyawasya--♪みたいなノイズなボイスを展開)
てゆーかフジ前、ユーマくんが展示したライヴハウス(400人くらいんとこ)でやったんだって。。くあはーー!!
と思いつつも、さくっと最前で、しかもまったくギュウギュウされないという!オマーをこんなゆったり観れたこと、ナイ。
あっという間に全開で観客の皆さんを口ポカン状態に持っていっちゃってさすがでした。
ゲストなのに!ゲストなのに曲の指揮っていうか、タイミングを支持。さすがでした。
ゲストなのに!メンバーを紹介してたような・・・?さすがでした。
ギター弾きつつ僅かな隙を縫ってメガネのズレを直すのもさすがでした(よく外さないなー)。
キャスケットと花柄シャツさすがでした。チラリズムの横っ腹もね☆

超絶な口ポカンに乗りつつ、オマーからも感じたのは、他人に何言われてもやりたいことをやってるっていう骨太な自由さでした。なんて楽しそうなの?おかげで楽しかったーん!!


one day as a lion
つ、ついに聴いちゃった、ザックの生歌(チビるー)。登場した瞬間、「ワー!」とか「キャー」でなく「おぉおぉぉ~」という畏怖にも似たどよめきの会場。そして、び、美声っ。ていうか、ごめん何も言えん。
セオドアのドラムも久々でした。相っ変わらずかっちょよく、羽根も健在で、これ以上何も言えん。
レイジみたいのを求めてきた殿方などは不満な方もいたようですが、私は何も言えん。
この後のMGMT、多分エネ当りしてて(さっきのエネルギーすごすぎて)立ちながら眠ってしまったもの。
あんまりにも空気180度違うんでムリだった。せめてしばらく歩いて,
ザック熱どうにかしてからFLOGGING MOLLY行ったらよかったよ、と後悔したもの。


つづく
[PR]
by yodaazu | 2010-08-04 10:12 | daily/scraps

死んだ肉になるな

なんとも刺激的なお言葉!
GAGA初体験してきました。
浪人生のとき通い詰めた野毛の図書館界隈にありました。急な坂スタジオにて。
開始前のスタジオでは恐る恐る、ストレッチなどしつつ待つ。
セミプロなのか、プロなのか?というような人々が「これでもか!」ってほどやわらかい身体を披露なさっていたので超ビビりましたが、ワークショップが始まってしまえばもうそんなこと、本当に関係ないくらい自由~な世界で。

きもちよかった。はまりました。

思えば、何かをするため以外で身体を動かしたことなんてあったのだろうか?
その1時間の間、私の身体は強制されることなく、動きたいように動きまくっていました。
さらに最高なのは、自分だけでは決して動かさないだろう部分も、動かせるようきっかけを与えてくれること。
いままで気づかなかった身体の部分に気づかせてくれることと、そこに意識をもっていって動かそうとすることが本当楽しくって気持ちよかったです。

体育の授業とか大嫌いだったのは、動きたくない動きを強制させられていたからなんだなー。
その証拠に(途中厳しい局面もありましたがw)、動きっぱなしの1時間はあっという間で、汗だくなのにゼーゼーもせず、身体を動かせることが嬉しくて幸せでずっとやっていたいと思えるほどでした。すげー。

久々の汗だく。
しかも終わってから気づいたら、ごりごりにリンパ詰まっていた首がめちゃめちゃ軽くなった!
触ったら痛いくらいだったのに、コリよいずこ?
今までマッサージとかでもだめで、散々苦労していたのに!
動かせばよかったのかい。なんて単純なことなのでしょう。

考えることと同じくらい考えないことって大事だよネ・・・。頭ばっかつかってないで身体動かせや!と・・・。

それ以来、身体のパーツ一つ一つが別個の意思を持って生きているように感じます。
「私はアンタの奴隷じゃないのよ!生かして頂戴。」
と言われた気分です。

ありがとう身体。長らく死んだ肉にさせてごめんよ。

[PR]
by yodaazu | 2009-10-13 10:50 | daily/scraps

赤い大地に後ろ髪

a0088334_2136496.jpg
カリフォルニアー&アリゾナに行ってからちょうど1年たつ。
スケッチするかもー絶対!と思って絵の具とかたくさん持っていったけど結局せず。インスピレーションもそんななかったですよー、とか言って帰ってきたのですが。
ここへ来て旅の断片みたいな些細なことが気になってきた。そうそう、期待してた様な大きなことじゃなくて些細なことだったんです。大事なのは。

シャスタ山から裸足で降りてきた女の子とか、
どッピンクのテンガロンでトレイルを進むおばの後姿とか、
真夜中のタクシーから見た星とか、
生まれて初めてのアメリカのモーテルで予約を2人分で取って、残り2人は見つからないように裏口からトランクがったっがたさせながらチェックインしたこととか、
真っ赤なソファベットとか、
ホピの居留地にいたやせっぽっちの犬のこととか。

情報が目に入ってきてから脳に行って、それが手に伝わるまでのタイムラグが恐竜並で驚愕。
インスピレーションとかじゃなく、見たままでも描きゃーよかったんです。ね。おばか。
[PR]
by yodaazu | 2009-09-07 21:55 | daily/scraps

夏のこと(だらだらと)

たくさん働き、たくさん遊んだ夏でした。めまぐるしくあっという間。
a0088334_2022718.jpg
この夏は日銭稼ぎにコールセンターで働いていたんですよ。短期。
2年近くあまり人と会話しない生活を送っていた私には、1日最低20人くらいと話しまくる仕事は刺激的で、脳が激しく流動したのを感じました。
今読んでるブルース・チャトウィンの「ソングライン」で、アボリジニの人は、持ってるものや歌さえも貸し借りして、物は持ちつづけてると持ち主に毒をもたらす、流動させてないと・・・。とか話してる節があるんだけど、なんとなくなるほどなー。と思います。
描ききれなくて何度も潰してる絵も重く感じます。流動させて身軽に。思考さえもねー。
ということでよい経験となりました。コールセンター。
そういう中搾りだす制作時間の煌きも全身で受け止めることができましたよ(形にはなってないけど)。
                    
                         水上バイクからの転落の図。ご親切に雨まで降ってたんですよ・・・。↑
8月最後の日曜日は、水上バイクの免許をとったという友達に誘われて霞ヶ浦へ行ってきました。
台風も迫ってるめちゃくちゃ寒い日で、湖の波も高かった日。
見てるだけでいいや、と思っていたんだけど、ついノリノリで後ろに乗せてもらっちゃってた私。
そして湖の真ん中で友と共に転覆。
体勢立て直そうとして、何度も転覆。

5回くらい転覆して、水中に投げ出されて、どっちが上かもわからないし、
どっちにもがけばいいのかもわからないし、
水のんで苦しいし。
救命胴衣はつけてたけど(湖は浮力が無いからコレがないと沈む一方)「あ~~もぅ、死ぬ??」と、本気で一瞬考えました。非常に大袈裟なんですけど。
疲れて諦めたいのに、目の前には自分で這い上がる選択っきゃないんだよー。人生って厳しいですね。

でも大丈夫でした。膝痣だらけ(何度も水上バイクに登ろうとした傷跡)だけど生還しました。
それでも何度も乗り回しに行く友はすごいよー。
私はその後すごい寒さに襲われ、火の側から離れませんでしたよ。
でもすごいよい経験でした。
死にかけ(大袈裟)ついでに、夏前にうじょうじょしてた私は完全に湖に沈めたんだー。

秋めいた風にはなんか魔法が宿ってるようです。なんだかまっさらワクワクした気持ちでキャンバスに向かえるよ。

*因みに選挙は期日前投票を利用しました。毎回そうだな。*
[PR]
by yodaazu | 2009-09-05 22:00 | daily/scraps

OCTAHEDRON様

a0088334_2091681.jpg

降臨!まだ一回しか聞いてないけど。
壊れたipod直しに行かなきゃーぁー。へヴィロテできなひ。。
回を重ねる毎にジャケットのカオス具合が増してく。歌詞カードの裏面(ていうか続いてるんだけど)は、富士様??

[PR]
by yodaazu | 2009-06-16 20:13 | daily/scraps

聖地巡礼

a0088334_826487.jpg阿修羅展れす。噂の。

すごい混雑だって言うし、
「じゃあ、奈良でー。」と思っていたのですが、
各方面からの
「よかった!よかった!」の声に、さすがの私も行ってきました。傷心だたし。。

火曜の夕方に行ってみたものの50分待ちって!
うにゃうにゃ並んでみたら、前列の年齢不詳女性4人組の携帯待ち受け画面が美輪様だったり!
阿修羅の一番大きな看板前で写真をとろうと群がる人人人!!
え~~、パンダだって今時そんな扱い受けてないのに!看板!!私はむしろその状態を撮りたいよw(でもチキンだからムリだったの)

みんな、ご神仏に救いを求めていらっしゃるのですね・・・

車椅子の方やご老体の方はこの列は大変だろうにちゃんと並んでらっしゃる。
若くて健康なだけで感謝せざるを得ないです、傷心とか言って来てごめんなさい!

でも私はどーしても、ガラスの碁石が観たいんですって!!(あまのじゃく)
結局30分待ちとかでその願望は叶いました。
                                            阿修羅の周りをぐるぐる廻る図↓a0088334_843412.jpg
しかし像の皆さんも、
これが1300年前の美意識ってすごいなー、とか、
こんな顔の日本人いたんだろうなぁ、とか、
コレを観る限り、昔っから手長脚長がスタイル良しとされてたってこと?とか、
観ていて楽しかったです。

阿修羅さんの周りはすんごい人。
係員に導かれながら左に少しづつぐるぐる廻りながらかっ鑑賞?というスタイル。

じっ、人海うずまき・・・
私これ、見たことあるよ、tvで!イスラムの聖地、メッカの聖なる石の周りこんなんなってた!!

ありがたそうだから一緒に廻っておきました。

上野は他でもない人のエネルギーで溢れておりました。
[PR]
by yodaazu | 2009-06-05 08:55 | daily/scraps